予期せぬハプニングにはアフターピル!ここぞの時の避妊薬

アイピルの効果と副作用

皆さんは避妊薬と言いますと何を思いだしますか?一番使用高いのがコンドームです。
薬局やコンビニなどどこでも手に入りやすいですし、飲み薬ではないので副作用の気にせず手軽に使用できるのが一番の人気ではないでしょうか。
ただ、100%避妊できるものではありません。
ゴムですので、サイズが合わなくて途中で外されたり、すれたり、破けたりと心配になるのが女性側の悩みです。
避妊してるつもりが落とし穴です。
パートナーといい雰囲気なのに、望んでいない妊娠で愛がなくなる事もございます。
また、新たな命の授かりですので、中絶してしますのはとても悲しいことです。

パートナーとのコミュニケーションをとる事が一番大事ですが、コンドームを付けると「すれるんだよな~」等相手の都合で言われて雰囲気を壊したくなく身を任せしまう。
こんな、経験ございませんか?これからは男性だけが行う避妊ではなく、自分の身を守る事が一番の近道です。
では、女性の避妊はどうしたらいいのでしょうか?
よく、知られていますのが『低用量』です。低用量ピルは生理不順な方や生理痛がひどい方も服用するお薬です。
また。毎日の続けないと行いかけなくて一日飲み忘れますと、効果がなくなります。。
副作用は比較的が低いと言われたいますが、体質や体調にもろりますがめまい、頭痛、ほてり、下腹部、胸のが張る、吐き気などがあります。
毎日面倒だなと思っている方にお勧めなのが、緊急避妊アイピル(アフターピル)です。
性交後72時間以内に一錠飲むだけで悩み解決しましょう。種類によっては12時間後に2回服用するものがございます。
服用が早いほど効果が高いと言われています。12時間以内なら98%、72時間過ぎてしまいますと効果はほとんどありません。
事前に購入して、保管してたら安心ですね。
緊急避妊アフターピルの副作用も低用量ピル同様です。アイピル(アフターピル)を服用して2.3日後に生理が起こる事があります。
出血がいつもより多く、腹痛がひどくなることもあるそうです。

緊急避妊アイピル(アフターピル)を服用する前にパートナーとコミュニケーションをとることを心がけましょう。